三重県に彼と旅行でのハプニング

16

旦那という三重県に観光に行った事例、真夜中も遅くなったので、このまま返るのも勿体ないなと見なし、旦那を誘ってとあるラブホテルへ。

型はたいして華美でもなく、どちらかというと取引宿屋ものの感じで、ゼロ泊7000円前後でした。

それで「とりあえず、ゼロ真夜中泊まれて、やることやれたらいっか」という感覚で入ったのですが、中に入ってまず驚きのがまったく大きなベッド!恐らくはキングサイズという品なのか、二人で寝転がっても断じて余裕でゴロゴロできました。

内部も大きく、そういった大きなベッドがあるのにかなりの余分がありました。

テレビは50インチくらいの大ディスプレー、お風呂もかなり大きく、二人で入ってもまだ上二人ほど入れそうな通常の銭湯部屋+まさかの露天風呂もついていました。

ウェルカムドリンクは正面に買い取りでしたがアルコール5成分ソフトドリンク5成分お替り任意で、夜食と朝食も援助といった、普通の宿屋よりも援助がよかったんじゃないかと想うぐらいでした。

そうして大人のおもちゃ的物体も特典で置いてあり、その時点で、やる気はクライマックスにまで上がってしまい、ではアルコールで乾杯、ごはんをとっくりとった後にとても一回。

そこからは疲れていることも忘れて続けて何度もやっちゃいました。

とにかく大きく、開き空気が半端ないので、ベッドの上では端から端まで多々姿勢を変えたり色んな一品を使ったりして気合、それだけでなく、バス、床、テーブルの上など、いろんな場所で盛り上がってやっちゃいました。

どこでどんなことをしてもあまり手狭空気がなく、そのまま堪能できたと思います。

勿論争点カードを形作り、三重県観光の時は勿論、どっかからの帰る途中にもわざと行ったり始めるくらいになりました。

あと、アフターピルがあってよかった旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です